「好きなことで生きていく」現在の着地点

誰もが苦しい事や嫌なことは続けたくないし、
続かない。

「好きなことで生きていく」という言葉は
YouTubeのキャッチコピーでもある。

20代~30代始めの間「声優になる」
という夢を叶えるため自分なりに奮闘してきた。

それを踏まえて、現在の「夢」と
「生きること」について綴っていきたい。

なお、今回のまとめは
2021年5月末時点での私の着地点。

立場や環境によって変わるものだから
もやもやしている方がいたら
「こういう考えもあるんだ」と
参考にしていただけると
綴った意味があるなと思う。

書ける限り、
ありのままの想いと状況を綴っていきます。

こんな方に参考になる&読んでほしい記事

  • 今現在、夢を追いかけているが不安がある。
  • 好きなことを仕事にしたいと奮闘している。
  • コロナの影響でやろうとしていることが行き詰っている。
  • 今後どうしていきたいかわからない。

問題を切り分ける

声優時代、あるレッスンの中でこんなアドバイスがあった。
問題は小さく切り分けてひとつずつ解決していく

その言葉を言った方は、その道何十年の監督さん。
以後、頭がわーーーっとなった時は、
常にこの言葉を思い出すようにしている。

「今の問題は何だ」
「切り分けてみよう」
「さて、どの切り身から対応する?」

こう考えるクセがついた。




セルフ診断だが、自分がHSP気質だと知って
人よりも敏感なことに悩まなくなった。

いい意味で「前提を変えたこと」が
味方になってくれている。




ここで本日の本題。

「好きなことで生きていく」事は
必ずしも「ビジネスにしなければいけない」ではない。



むしろそれをくっつけてしまって
長期間苦しみを感じていたことに気が付いた。



人はただ呼吸するだけでコストがかかる。


ご飯を食べる。
住まいが必要。


税金を納めたり
人との付き合いもある。



ある程度、節約して圧縮できても
完全にゼロになることはほぼ無理だ。

それに、社会は一人で生きていくように
出来ていない。


祝い事があるのに、
お見舞いをしたいのに、
ご飯をご馳走したいのに。
お金がない。


いつもお財布の残金とにらめっこ。

無計画に使っているわけじゃないのに
いつもカツカツ。


そういう想いをしたし、
たくさん見てきて言えるのは

お金をないがしろにすると土台が揺らぐ」こと。


ちょっと寄り道をさせてほしい。
紹介したい本がある。

この本は衝撃的な書きだしから始まり、
一気読みした。




筆者のクリスティーさんは
極貧の幼少期で育った。


その為、彼女の夢は
「糖尿病になるまで甘いものを食べたい」
だったという。


始めて飲んだコーラーの味が幸せ過ぎて
コーラーの空き缶を抱いて眠ったそうだ。


翻訳本でありながら非常に読みやすいので
「お金」について考えたい人には
是非読んでほしい一冊だ。
(多分、財テクより役に立つ本)


私はこれを読んで
「お金」というものを
キチンと理解していなかったこと、

そして、好きなことで生きていくという考え方は
非常に危険だという事も知った。


ではどうすればいいのか。


それは「好きなこと」と
「生きるための仕事」を切り分けること。


以後、好きなことを「ライフワーク」
生きるために必要な仕事を「ライスワーク」
と置き換えさせてもらう。

私が人に話し方や伝え方を伝えて
比較的安定した収入になったのは
2014年ごろ。

当時は事務の派遣OLをしながら
夜間や休日にレッスンを提供していた。


その時はとても楽しくて
「早く派遣OLを卒業して、この道で食べていきたい」
そう思って、必死に努力していた。

何年か経つと生徒さんが定着してきて、
関西へ出張したり、
イベントやグループレッスンを企画したりと
アクティブに動いた事が功を奏し、
OLの月収を超えるときもあった。

その頃は派遣先も変わり、週5日→週4日のところをみつけ
ライフワークに割ける時間を増やしたりもした。


ところがあることがきっかけで
好きなことが好きではなくなってしまった。
(そのエピソードの詳細はここでは割愛)

今のままで、幸せなのか?

ライスワークで生計を立てることは
惨めなことなのか?

何を目指してSNS発信しているのか?


〇〇すると映えるとか
自分を良く見せたいと思う投稿とか写真とか


そんなこと
もうどうでもよくなってしまった。


最初は「声や話し方で悩む人の力になりたい」


そんな単純な動機で始めたのに
いつの間にか空っぽの空き箱をディスプレイするような気持ちになってしまった。


そういう気持ちでいるものだからか
レッスンの申し込みも減ってしまい

私のやる気もグンっと落ちてしまった。


もともと動き回りたい性分でもあるから、

「外出自粛」
はとても痛手だった。

これから広げていきたいと思っていた
グループレッスンも、厳しい向かい風になった。


繰り返される自粛と
恐る恐るのイベント企画。


私のやる気をかろうじて保ってくれたのが
記事を書く事、そしてYouTube配信だった。


2020年、365本の動画をアップする!
そう目標を立てて達成した時、
小さなワクワク感が芽生えていた。


「なんだ、喋るの大好きなだけじゃん(笑)」


この動画チャンネルがキッカケで
何かの仕事やご縁に繋がったらいいと思いつつも

単純に動画を観て「元気になった」という人がいたら
それでいいじゃんって考えて。




ブランディングで大事と言われる
「統一性」は皆無のチャンネル。

「アッコの部屋っていうチャンネル名は何屋かわからないから変えた方がいい」
そんなコメントも貰った。


ただし、私の中で一貫していることがある。
それは私が配信したいと思う事を配信している。

ただそれだけだ。

時々トレンドを狙ってみたりすることもあるが、
まあ、上手くいかない(笑)

でもゆったりと構えていられるのは
「ライフワーク」
「ライスワーク」を切り分けたからだ。

先日開催した「ファスティング合宿」での一枚

安定した土台を持つことで
想いきりチャレンジが出来る。



コチラの本もとても感銘を受けたので
紹介させていただく。


まとめ

再び春から週5日の派遣OLとなった。

以前なら、惨めな気持ちだった。
好きなことで食べていけないことが
理想的な未来ではないから。


でも今回、心はとても晴れやかだ。

「ライフワーク」
「ライスワーク」を切り分けたことによって
イイ感じのバランスを見つけたからだ。


ご縁や運命を信じるなら
今目の前に用意されている道を
いかに楽しむかが大切だと考えている。


思うようにうまくいかないことは
未来もたくさんあるだろう。


思い通りに何もかも進めたいというこだわりがあるから
肩に力が入って、力が発揮できない。


必要なものはすべて与えられる。
そして私の天命は必ずしもビジネスにしなくていい。


これが今の私の「着地点」

ファスティング合宿での一コマ。凄くいい写真を撮ってもらった。


最後まで読んでくださった方、
本当にありがとうございます。


最後は宣伝で〆るのも何なので(笑)
きれいに終わりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です